【海外の反応】終末トレインどこへいく? 第3話『ショートでハッピーイージーに』感想・考察まとめ

終末トレインどこへいく?

第3話『ショートでハッピーイージーに』

TVアニメ「終末トレインどこへいく?」第3話に対する海外の反応・感想・考察をまとめました。晶のお尻に生えたものは何なのか、そして7Gの仕組みを真剣に議論している様子。

📌今回の話題に上がったトピック
『CGDCTで言葉遊びをする海外ニキたち』
『7Gによって時間も歪められた?』
『晶の絶叫演技が素晴らしい』
『最後のシーン、あれはキノコ?尻尾?』

アニメ第3話『ショートでハッピーイージーに』あらすじ

隣駅の東吾野駅に着いた静留たちを出迎えたのは、頭にキノコの生えた住民たちだった。
「必ず入ってくださいね」とおすすめされたミストサウナ、さらにキノコ料理まで堪能して、みんなは旅の疲れを癒していく。

あまりにも親切にされて不審に思う晶だったが、気づいたときにはすでにキノコの魔の手が迫っていた……はずなのに、なぜか静留、撫子、玲実の3人は幸せそうにしている!?
晶はこれを何とかしなきゃと、たった一人で立ち上がる!

STORY -オリジナルTVアニメーション『終末トレインどこへいく?』公式サイト-

アニメ第3話 redditユーザーの反応

人気のあるコメントを主に紹介していきます。ストーリーが前後することも。

海外の反応アニメサイド

キノコによって死んでいく人や、息も絶え絶えに叫び続ける晶を見せられるとは思ってもみなかった。いやまあ楽しい回だったけど。

返信コメント

お気楽な明るいアニメだと思ってる人はもういないはず。おそらくはもっと残酷なシーンがこれからでてくる。

返信コメント

最初は『宇宙よりも遠い場所』に近いかなと思っていたけど今はメイドインアビスと組み合わせたような雰囲気がある。

返信コメント

アビスよりも遠い場所?

返信コメント

もしこれがアビスならキノコを抜いたときに血まみれになっていた。

返信コメント

どちらかと言うと『がっこうぐらし!』かも。

返信コメント

>明るいアニメではない
私は逆の意味で予想から裏切られた。
一話のホラー設定からするともっと怖くなるかと思っていたが、実際はそこまでホラー回でもなかった。

ひとまず気になるところは晶のスカートの中には何が潜んでいるのか。(最後のアレは二重ブラフにも感じられる)

返信コメント

CGDCTアニメだと思いながら見始めるとびっくりするだろうね。

■CGDCTとは
Cute Girls Doing Cute Thingsの略で『かわいい女の子たちがかわいいことをする』の意味。

返信コメント

このアニメはCGDCTでもCute Girls Doing Creepy Thingsのほう。


※直訳すると『かわいい女の子が不気味なことをする』

返信コメント

不気味なこと…見える子ちゃんかな?

返信コメント

見える子ちゃんはCute Girl Dodging Creepy Thingsでもいいな。


※直訳すると『不気味なことを回避するかわいい女の子』
どれもCGDCTをもじった言葉遊びです。

海外の反応アニメサイド

最後の晶に生えたものについては時間の流れの変化で説明できる。

21歳と3ヶ月にはまだ遠いが、ゴーヤが急成長したように時間の流れが急速に進んでいる。つまり池袋に辿り着く前に動物化する可能性もある。

でもこれはただの推測。

返信コメント

夕方5時のモールス信号があるからその理論は当てはまらないかと。

私の考えでは吾野から離れれば離れるほど吾野病の影響が強くなると予想している。善治郎があの町から離れられない理由もそのせい。

返信コメント

↑おぉ、それは面白い。7G中心地に近づくほど動物化が加速するわけか。

返信コメント

私は霧の影響だと思ってる。ゴーヤが急成長したようにおそらく彼女たちも。

返信コメント

時間の流れが変化したというのは面白い考え方だね。7Gによって土地や距離が歪められたのなら時間も歪められたはずだ。

『光の速度で移動すると老化する』とは有名な話だがそれが当てはまる可能性がある。

返信コメント

↑光の速度で移動するとむしろ時間の流れは遅くなる。このアニメではその逆に電車で旅をするほど周りよりも早く老けてしまう。

返信コメント

このアニメは科学的に考えても無意味な気がするよ。7Gによって突拍子もない事が起きるのだから。

それにモールス信号もレールが水に沈んだ状態では振動が伝わらないよね?

返信コメント

↑前回めちゃくちゃに破壊されたので使えるはずがない。

返信コメント

むしろ水中のほうが遠くまで振動を伝えやすい。

海外の反応アニメサイド

・ゴーヤを振り回してキノコを追い払う女子高生、こんなの予想すらしていなかったw

・晶の絶叫とマツタさんの口調の変化、声優の演技はもう最高!

・モールス信号が大好き。すごく面白いから毎パートやってほしい。

・4人の中で最初に動物化するのは撫子かと思っていたが、どうやら晶になりそうだ。

返信コメント

・マツタさんの丁寧な口調から野暮ったい田舎弁に変わるところは凄かった。
・晶を元に戻す方法はあるのだろうか?

【質問】
なぜ晶だけ違う制服を着ているのでしょうか?彼女は中学生になったばかり?

返信コメント

制服は誰かのお古かもしれないね。小さな学校ならよくある。

返信コメント

>なぜ晶だけ違う制服を着ているのでしょうか?彼女は中学生になったばかり?
はい。

返信コメント

>モールス信号が大好き
レール破壊されたのになぜ使えるのかと言うとそれは…ボーボボ ボボ


https://imgur.com/cFC79CK

返信コメント

もしかすると7Gパワーでレールが直ったのかもしれない。

返信コメント

物理的には一応繋がっているのかも。まあ走るレールとしては使えないけど。

返信コメント

一見するともう使い物にならないように思えるが何らかの形で機能しているのだろうか。


https://imgur.com/LZ7YXkt

返信コメント

レールの矛盾点を指摘する人は多くいるけど、そもそも80マイル先まで金属を叩いて音を伝える方がおかしいから。

返信コメント

前回も言ったけど線路は破壊されていないよ。ただ曲がっただけ。
ディレクターにも確認済み。

「線路はグニャグニャになったけど、切れてはいません。」
水島努 Tsutomu Mizushima

海外の反応アニメサイド

前半はぞわぞわするホラー要素もあったけど後半は笑ってしまった。さて地図が正しければ次週はヤギが登場する。何が起きるか楽しみ。


https://imgur.com/W0DCcqy

返信コメント

地図アイコンではキツネに見える。そして次の駅では晶にキツネの尻尾が生えるのかな?

返信コメント

「東の菌類は頭上高くそびえ立ち、征服を高らかに宣言し」
「さらにその東、ゴートとの共存で獣の名は違えども、まさにこれ猪突猛進なり」

第2話スワンボートの男の発言通り今回のエピソードは菌類が征服を目論む話だった。となると次回はヤギ。

返信コメント

女の子たちはいつ地図の意味に気付くのだろうか?

海外の反応アニメサイド

第3話は少しイライラさせられる回だった。
なぜ誰も晶の発言に耳を傾けないのかおかしな展開だ。しかし晶の良さがふんだんに活かされた回でもある。

そして豹変したあとのマツタさんの演技も最高だった!

返信コメント

↑一人だけ正しい行動をしているのに誰も従わないのはホラー映画におけるお約束展開みたいなものだよ。

晶はこの場所を不気味がっていたけど世界全体がそもそも不気味だからなぁ。彼女たちが生活してきた吾野だって他の人からみれば異常に思えるだろうし。

返信コメント

ミストサウナに入った瞬間にキノコ胞子をばらまかれて、あの時から影響を受けたんだと思う。

晶がイヤな予感をしたのもこの時だったがもう手遅れ。

返信コメント

あの3人はサウナに入った瞬間に感染したんだろうね。それから晶を払いのけるような言動が多くなった。

返信コメント

彼女だけキノコ料理も食べなかった。もしかすると暑いサウナで毛穴を開かせてからキノコを摂取させる必要があるのかも。

海外の反応アニメサイド

キノコから逃げる晶の絶叫シーンを誰かまとめて。できればケモミミを付けてくれたらなお良し。おそらくこの後そうなるから。

返信コメント

求めてるものとは少し違うけどこの動画はどう?99%合致するはず。

Best of Hanako (Asobi Asobase)
返信コメント

↑聞き覚えあると思ったらこのキャラだったのか。彼女は才能あるのになかなか主役になれないね。

返信コメント

第3話で一番良かったものをあげるなら晶の絶叫演技。

海外の反応アニメサイド

晶のお尻に生えたのはキノコか尻尾どっちなんだろう?

返信コメント

尻尾だと思う。

返信コメント

一人だけサウナに入ることを拒否していた理由。それは恥ずかしいからではなく尻尾があることを隠したかったから。

返信コメント

↑その発想はなかった!凄いな。

返信コメント

でも彼女は一番若いよね?容姿の変化がおきるなら年上からのはず。

返信コメント

突拍子もない考えだけど、夜中トイレに行ったときにキノコを植え付けられたかと思った。

返信コメント

彼女のお尻に何があるかなんて、女性に尋ねるようなことではないよ。

返信コメント

↑カツラの人にカツラですか?と聞くようなものだからね。エチケット。マナー。

にほんブログ村