【海外の反応】葬送のフリーレン 第25話感想 1000年前の回想から現代へと戻るシーンがイイネ!

葬送のフリーレン

葬送のフリーレン 第25話『致命的な隙』

TVアニメ「葬送のフリーレン」第25話に対する海外の反応を見ていきましょう。今回の見所はゼーリエのツンデレ、ゼーリエとフリーレンの目指す先、フェルンの脅威は魔王級です。

アニメ第25話『致命的な隙』あらすじ

第二次試験の合格条件であるダンジョン最深部に行くには、フリーレンの複製体を倒さねばならなかった。
複製体を前にしたデンケンやラヴィーネたちと合流したフリーレンとフェルンは、魔法使いたちそれぞれが持つ情報や知識で、複製体打倒の作戦を立てる。
その中でフリーレンの脳裏に浮かぶ記憶とは…。

アニメ第25話 redditユーザーの反応

話題性のあるスレッドから順に紹介します。ストーリーが前後することも。

ゼーリエにとってフランメは大切な存在だった

ゼーリエはツンデレ
海外の反応アニメサイド

「気まぐれに育てた弟子に過ぎない」と繰り返すことで、フランメの死を気にしていないと自分に言い聞かせているようだった。

返信コメント

ヒンメルの死を経験したフリーレンと同じだね。

返信コメント

小さなフランメの幻と手を繋いでいたシーンを見ると大切な存在だったんじゃないかな。

返信コメント

寿命が永遠にあるエルフにとって、人間に対する感情移入は0に近いのでは。

返信コメント

彼らは愛情が弱いのではなく認識するまで時間がかかるのだと思う。フリーレンも勇者パーティでの思い出が深く刻まれるまで何十年もかかったし。

そしてゼーリエの回想でも子供フランメのシーンでは明らかに悲しみの感情描写がなされていた。

返信コメント

人間の寿命は短いからエルフからすればペットのような感覚かもね。でもペットが死ぬと泣く人は大勢いる。

返信コメント

私だけかもしれないけど、「フランメのお気に入り魔法が花だ」と振り返るシーンはまるで亡くなった子供を思い出す母親のようだった。

返信コメント

うん、彼女は明らかに悲しんでる。気まぐれに育てた弟子と言いつつも子供の頃の夢をいまだに覚えていたりゼーリエはツンデレです。

返信コメント

「彼女は気まぐれで育てたに過ぎない」

アンタなんて大事でもなんでもないんだからね!のエルフバージョンですか?

返信コメント

あのシーンは漫画よりも数倍良くなりゼーリエとフランメの関係が漫画版より濃密に感じられる。

漫画での2コマは子供フランメがどんな姿だったか思い出すことすらできないがアニメ版での演出によって心に深く刻み込まれた。

AAAA級のクオリティ。

返信コメント

立ち止まったゼーリエは瞼が一瞬震えていなかった?
とても良いシーンだったけど良すぎるあまりこちらも精神的ダメージを受けてしまった。

返信コメント

今回のエピソードは戦闘アニメーションだけでなく師匠と弟子の関係描写も最高に良かった。
このアニメは全体的に9/10評価が多いけど今回は10点中10点満点の最高の仕上がり。

デンケンの言う通り

デンケンの言う通り
海外の反応アニメサイド

誰か 「全員で協力しましょう」
デンケン 「最初からそう言ってる」💢

デンケンはこの世界で最も現実主義な魔術師。

返信コメント

現実が見えていたのはデンケンだけだった。

返信コメント

そして一人で入った男はいまとても後悔している。誰かと協力すればここまで来れたかもしれないのに。

返信コメント

あのソロ男は『俺だけレベルアップな件』をしていたんだよ。

返信コメント

もしフリーレンの致命的な隙が暴かれなかったとしてもデンケンが拳で決着つけてくれるさ。

返信コメント

Denkenはドイツ語で「考える/思考する」という意味があることをフリーレンやフェルンも知っておくべきだ。

とはいえラヴィーネとカンネがリヒターに協力したがらない気持ちも分かる。最初の試験で殺されかけたのに謝罪もないから。

返信コメント

フリーレンPTは自分たちだけでダンジョン踏破出来る自信があったんじゃない?

返信コメント

彼女はダンジョン内のマップをすべて埋めたがるから一緒に行動するのは無理だろうね。それにフリーレンの真の弱点である『ミミック』を知られるわけにはいかない。

返信コメント

勇者一行はダンジョン踏破数の世界記録を保持しており現在もそうらしい。つまり彼女もダンジョン攻略のコツを持っているのだと思う。

返信コメント

ダンジョン攻略数: 99
ミミックに負けた数: 99

返信コメント

↑次こそ魔法書がでるから!

返信コメント

ラヴィーネとカンネはフリーレンたちと協力したかったけど、2人がさっさと入ってしまった。

返信コメント

ラヴィーネたちは一緒に行ってもいいか尋ねることに躊躇していたのかも。それにフリーレンたちは同行者を求めている気配もなかったし。

返信コメント

全員協力の提案者がフリーレンだったなら多くは従っていたかもしれない。
誰からも愛されるシュタルクやカリスマ的なヒンメルだったら全員が一丸となって行動していただろう。

返信コメント

そういえばヴィアベルやユーベルたちも来るかと思ったけどいなかった。道に迷ったかな(笑)

返信コメント

「ワシは初めからそのつもりだったが…」
デンケンの優しい言い方が好き。

返信コメント

伝説の魔術師: ミミックに喰われる
現実主義な魔術師: 殴り合いじゃああ!

ゼーリエがフリーレンに不満を持つ理由

ゼーリエがフリーレンに不満を持つ理由
海外の反応アニメサイド

ゼーリエがフリーレンに対して不満を持っている理由が何となくわかった。
ゼーリエは強力な魔法で支配することを望んでいたのに対してフリーレンは日常生活の魔法しか求めないから。

もしヒンメルが来なかったら彼女は今も人里離れた森の中に住んでいた。

返信コメント

そう。
ゼーリエはドラゴンボールの世界のように強くなりたい向上心を持っているが、フリーレンは魔法を趣味のように捉えている。

返信コメント

フリーレンの立ち位置はサイタマがこの世界にいると考えてもいい。
「私は趣味でヒーローをやっているものだ。」

返信コメント

つまりフリーレンとゼーリエは、サイタマとベジータがいるようなものか。

返信コメント

どちらかというとゼーリエはブロリーかと。

返信コメント

ゼーリエは魔法の希少価値や自分の地位を誇示したいので、人類たちが魔王から怯えている状況こそ好ましかった。

返信コメント

今回と20話からエルフたちの考え方の違いがよくわかった。
ゼーリエはエリートのみ魔法を使えばいいと考えているのに対して、フリーレンは誰でも簡単に魔法を使えるほうが好ましいと考えている。

回想シーンが入ったらそれ死亡フラグだから

回想シーンは死亡フラグだから
海外の反応アニメサイド

回想が入ったらそれ死亡フラグ。

返信コメント

キルショットが放たれる直前に回想シーンが入ったので(これは次回に持ち越しだな…)と思ったが、どんな魔術師が現れるか楽しみにしているフリーレンの発言から現代のフェルンへと戻る流れは最高によかった!

返信コメント

エルフに追いつく人間の可能性だけでなく、師匠と弟子の関係もなぞられてるね。

返信コメント

最後、フェルンが本物に向かって魔法を発射するように思えて怖かった。

返信コメント

↑漫画では彼女たちの側面からゾルトラークを撃っていたよ。

アニメではそれが変更され本物フリーレンの後ろに隠れるように配置。魔法発射から即座にフリーレンが察知して横に移動するというクールな描写だった。

返信コメント

新しい呪文が見られるとワクワクしていたのに結局は基礎魔法しか使えない弟子になっちゃったな。

返信コメント

↑忘れがちだけどフェルンはまだ若いから。将来的に高度な魔法を使いこなす魔術師になると思うよ。

返信コメント

しかし躊躇せず師匠を撃つの野蛮すぎない?

返信コメント

毎朝フリーレンを起こしていることに嫌気がさして今回のことを思いついた。

返信コメント

壁に立たせた不意打ちシーン、フリーレンはどう思っていたんだろう。
恐怖?驚き?怒り?感動?

返信コメント

↑フェルンに感動。フリーレンはすべての魔術師が成長することを望んでいる。

フェルンの脅威は魔王級

フェルンの脅威は魔王級
海外の反応アニメサイド

「お前を倒すものがいるとすれば、それは魔王か、人間の魔法使いだ。」

フェルンは魔王レベルの脅威ということか。

返信コメント

実際にやったら10:0でフリーレンが勝つだろうけどね。タイマンの最中に横槍入れたようなものだから。

返信コメント

他のプレイヤーと対戦中に突如現れたモンスターにトドメさされたの思い出した。

返信コメント

↑ダークソウルでよくある。

返信コメント

MMOやってると起こりがちな体験だよね。PvPデュエルは本来死なないはずだけど、モンスターからラストアタックされてデスペナを受けてしまった。

返信コメント

FPSゲームなら横槍が当たり前だったりする。誰かと戦っている時、別の角度から狙われている。

返信コメント

フェルンは現段階でそんなに優秀ではないが最終的にはフランメみたいな魔術師になると思ってる。

返信コメント

どうだろうね。
強さの面で見れば成長すると思うがフランメ級の功績を残せるかというと難しい。

フリーレンのこれまでの功績まとめ

イジイジしてるフリーレン
海外の反応アニメサイド

・最も多くの魔族を倒した
・最も多くのダンジョンを制覇した
・最もミミックに喰われた

返信コメント

・最も多くの睡眠時間を必要とする

返信コメント

・ヒンメルからの愛に気付くまで最も多くの時間を要した

返信コメント

↑弟子の最後の望みを叶えるまで1000年かかったゼーリエに比べれば、ヒンメルの思いにたった80年で気付いたフリーレンは頑張ってるよね?

返信コメント

↑エルフの時間軸で考えれば早い方なのかもしれない。

返信コメント

「魔王時代にほとんどのダンジョンが攻略された」と歴史的扱いになっているが、それはヒンメルがただ楽しんだ結果だというのが面白い。

返信コメント

【追加】
・ゾルトラーク解析によって人類に大きく貢献した
・絶対に破られないと思われていた結界を打ち砕いた

返信コメント

フリーレンはまさにゲーマーだ。

返信コメント

プレイするからにはすべての実績を解除しないとね。

にほんブログ村